どのような研修店舗になるのか?

飲食店を成功させるために必要なノウハウは、大きく3つあります。

  1. メニュー開発力
  2. オペレーション力
  3. 経営力

これらを半年〜1年程度の短期間で身に付けることを目指す施設となります。社会人が現在の仕事をしながら学べるよう、週1回の参加を基本とします。

メニュー開発力を身につけるために、お店のメニューは研修生と講師が一緒にアイデアを出し合い、試作をして作り上げます。

お店の仕込み、営業中の調理、接客サービスは、講師の指導のもと、すべて研修生が行い、オペレーションのノウハウを実務を通して身につけます。

また希望者は、定期開催される経営、集客、店舗立ち上げの講習会を受講することで、経営ノウハウを学ぶ事ができます。

 

 

店名は、ラテン語で「学校」を意味する SCHOLA(スカラ)。 レストランでもあり学校でもあることからこの名前にしました。

場所は「中目黒」。2023年12月1日にオープンします。食の感度が高い層が多く、新しいコンセプトや文化との親和性が高いエリアです。

カウンター中心の店内は、お客様との距離感が近く、サービスのノウハウを学びやすくします。

食材は、季節野菜やジビエなど、独自の仕入れルートを確保して、オリジナリティ溢れるフレンチを創造していきつつ、コース料理とワインペアリングを合わせて、約1万5千円とリーズナブルに楽しめる価格設定にします。

料理内容は客単価2〜3万円のお店と同等のクオリティを目指しつつ、コースの品数を程良く設定することで価格を抑え、敷居が高すぎず利用しやすい店作りをしていきます。